* 花に清香 月に影 *
日々の小確幸の記録帳
--.--.-- (--) |   編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.13 (Tue) |   編集
とはいっても、ダイエットではなく。

今日は、今のワタシにとって、
めちゃめちゃありがたい本を発見。

どうしても片づけられない!! あなたのためのお片づけ成功読本どうしても片づけられない!! あなたのためのお片づけ成功読本
(2009/05/21)
腹肉 ツヤ子

商品詳細を見る


かたづけ士の小松易さんのことは知っていたけど、
もちろんいろんな本が出ていることも知ってたけど、

この本(てかマンガで構成してるんだけどもね)を
ぱらぱら~っと立ち読みしてたら、
なんだか身につまされてきちゃって…(笑)。

ちょっと前から、片づけをがんばってはいるけども、
どーしても、ニガテ。
しかも最近特に、ダメ。
ムリ。
向いてない~~~(涙)。

わかってるのよ~~、
本当は、幸せを呼び込むには、おそうじが大事だってことも、
波動を上げるには、浄化が必要だってことも~~~。

だからちょっとがんばって片づけて、ちょっとキレイになっても、
いつのまにか散らかってるー。きゃー。

↑こーゆーのを、「片づけリバウンド」というのだそうだ。
  うん、そうそう、まさにそんな感じ~~~~。

その、片づけリバウンドまでもを治してしまおうというのが、
この本の、一番惹かれたところでもあるのだよね。

さすが、かたづけ士の小松さん監修です。
ワタシも、明日からがんばってみようっと。

あ。
とはいえ、ワタシの部屋は、
さすがに、ツヤ子さんのとこほどひどくないわよー。
いちお、念のため。

 *

ところで、今日のお昼は、
ひさびさに「シイタケそば」にしてみた。

     シイタケそばだよ~ん♪


これ、麺よりシイタケのほうが多いかもなシイタケは、
食べても食べても、なくならない(笑)。

しかもヘルシーとかな感じがするかと思いきや、
わりとみっちり油でソテーしてある感満載なので、
なんなら、カロリーアップな気がする~~~。

でもウマいから、ときどき食べちゃうのよね♪
スポンサーサイト
2009.06.09 (Tue) |   編集
1Q84 BOOK 21Q84 BOOK 2
(2009/05/29)
村上春樹

商品詳細を見る


1Q84 〈ichi-kew-hachi-yon〉 BOOK 2 / 村上春樹


やっと 『 1Q84 』 を読み終った。

おもしろかった。すごく。

「もったいないのでちびちび読んでいる。」
と自身のブログで書いていたのは、
ワタシの大好きなウッチーこと内田樹先生だが、
http://blog.tatsuru.com/2009/06/04_1313.php

本当は、勢いに乗ってどんどん読み進めちゃうのだけど、
ワタシもウッチーと同じ気持ちで、
どんどん進むともったいないので、
まさに同じように、ちびちび読んでいた。

しかし、いささかちびちび過ぎて(笑)、
そろそろ、書評、まではいかないが、
ウッチー含め、いろんな人がブログなどに
感想を世間に出し始めてきたので、
ちょっとスピードアップして読む。

これまでの一貫した「ムラカミ・ワールド」なるものが、
例外なくガッツリ組み敷かれていて、
でも確かに、今までにない「何か」が、
そこにはあると思う。

うまく言えないけど。

これまでの村上春樹のところから、
なにか1歩出たような。

ふむ。

どうも、そこがまた、
ワタシの心の感覚器、のようなものに、
触れる。

この本は、また少ししたら読み返すんだろう。
きっと何度も。
2009.06.03 (Wed) |   編集
5/31に、楽しみにしていたお能が終わり、
ハプニングながらも、大イベントのお能のレクチャー会が終わり、
次の日は、6月最初のお稽古が終わり(「三井寺」難しいよー)、
ずーっとお能関係で盛り上がっていたが、
やっとひと段落。


やっと本が読める~~~~!!

と、先週届いてからおあずけにしていた

1Q84 BOOK 11Q84 BOOK 1
(2009/05/29)
村上春樹

商品詳細を見る

1Q84 〈ichi-kew-hachi-yon〉 BOOK 1 / 村上春樹

これだけ読み応えのある長編は、
「海辺のカフカ」以来の実質7年ぶり。
待ってたよぉー。

久しぶりに読む、
しっかり正しいハルキ節とか、
物語の構成の仕方とか、
どんどんねじれてくる村上ワールドとか、

あぁー、これこれ~~。

どうやら彼の文章というのは、私にとって特別のようで、
読んでいる、まさにその最中なのにもかかわらず、
じりじりとした飢餓感のようなものに襲われる。
いつも。

そしてなにかに憑かれたように、読む。
ずーっとずーっと読む。
何を差し置いても、読んでしまう。
(だから “おあずけ” してたのだ。やれやれ。)

でも、早く読み終わっちゃうのも惜しくて、
ゆっくり丁寧に、ひと文ひと文読んでいく。

もうすぐ、(1)が読み終わるところ。
続きが楽しみだ~♪


今朝、通勤の電車の中で読んでたら、
隣に立ってた男性も、同じ本を読んでいた(笑)。
どうやら、2章ほど先のページらしい。
今日、そこまで到達したときに、
ちらっと盗み見した中で、印象に残ったフレーズに、
あっと思ったよー。

―― あなたの王国が私たちにもたらされますように。――
2009.03.13 (Fri) |   編集
またまた古本屋で、怪しげな本を見つけました♪

日本思想大系 世阿弥・禅竹 / 加藤周一
日本思想大系 世阿弥・禅竹 / 加藤周一


¥500でお買い上げ♪うひょひょひょ

背表紙の日焼けが、そーとーの年代物な感・山盛り。
でも函から出してみたら、意外とキレイ。
奥付をみたら、[1974年4月9日 第1刷 発行] だってよーん。
わお(笑)。

中身は、
「能本を除く現存するすべての世阿弥伝書
 (能楽論書・芸談、その他)系二十一種と、書状二通、
 ならびに禅竹伝書のうちの主要なもの九種とを収めた。」

ものだそうである。

とりあえず、一番最初の「風姿華伝(ふうしくわでん)」
――今でいう「風姿花伝」だやね~
から、読んでいきまーす(実は読んだことないのー・笑)
2008.12.26 (Fri) |   編集
hanahana6


『花よりも花の如く』第6巻  成田美名子  白泉社


うっかりしていたら、いつの間にか新刊が出てたよ!(°∀°)

これは、れっきとした少女漫画である。
漫画好きな女子ならたいがい知ってる、有名な成田美名子さんの著書なだけに、
ちょー正統派な、少女漫画なんだよねー。

でも、テーマは能(笑)。

能の話を漫画にしているわけではなく、
主人公が能楽師という、珍しい設定なのだ。

「榊原憲人・25歳。観世流(たぶん)・相葉家跡取り。
 天女の舞は美しいが、舞台から降りたら“のび太くん”(笑)。」

彼と、彼を取り巻く能楽界と人間関係とを、
けっこうリアルに(少なくともそう見える)描いている。

ってゆーかなにより、おもしろい!
まさか、お能関係で爆笑するほどのネタがこれほどあろうとは。 
そして、読んでげらげら笑えるこの満足感。 
成田先生、えらいっ。 
1巻から、何度も何度も読み返しているお気に入りである。
読んでるうちに、だんだん囃子や謡が聴こえてきたり、
装束に色や箔が付いて見えてきたりする。(←重症) 
特に1巻の「烏帽子折」なんて、栗ちゃんだか祥丸くんだか混同してくる始末である。 
憲人とひろくんのお舞台のシーンをでは、
いつの間にか「土蜘蛛」を謡いながら読んでるし(笑)。

さぁ~~、あなたもこの漫画読んで~~、
ほ~ら、そーすれば~~~、能を観たくなる~~~観たくなる~~~~~彡(`∀´)ウヒヒヒヒ

初心者の方にも、そーでない方にもお勧めです♪
2008.11.22 (Sat) |   編集
shiho_

●おうちヨガ SHIHO meets YOGA / SHIHO


気になっていた、モデルのSHIHOちゃんのヨガDVDが、
けっこうイイというウワサなのでamazonにてお買い上げ。

じゃーん♪
昨日届いて、やってみた。

SHIHOちゃん自らのDVD出演とナビゲーションで、
なんとなくお得な感満載、
しかも、太陽礼拝が2バージョンありぃのから、
シャバアーサナ(ヨガでは必ず最後にやるリラックスのポーズ)まで、
たっぷり60分間。

いや~~~、きっつい。 ひふー。

2年位前までは、けっこうマメな宅ヨーギニーだったので、
気持ちは初心者ではないが、
その後、すっかりサボっていたので、
もはやカラダは、すっかり初心者だ。
(そしてもともと人よりカタイ…)

そして翌日。(今日だ)


全 身 隈 な く 、 筋  肉  痛  。


ここまで、人間、まんべんなく筋肉痛になるものなのか!?(笑)

動けないほど痛いところはないが、
全身、どのパーツも、うっすら痛い。

同じ姿勢で作業をひとしきりしたあと、
ふっと立ち上がったりすると、「うぎっ☆」
と、どこかしら(あるいはいろんなところが)イタイ(笑)。

寒風に吹かれ、「くしゅんっ☆」などと、くしゃみをしようものなら――

うきーっ、
なんでこんなにいろんなところが痛いのさっっ!


今日はあったか~いお風呂にゆっくり浸かって、
マッサージでもして、自分を「いい子いい子」してあげよっと。
これでも、自分じゃ、カワイイ私だけのカラダなんだから(笑)。
2008.11.16 (Sun) |   編集
nihonnokamisamacards.jpg

●日本の神様カード


昔からある日本の色合いらしい色使いがキレイ。
意外にも、抽象的に絵画ちっくなイラストが、
ぼんやりとしたイメージしかもっていない、
日本の神様を描いているのが、
かえってかわいらしくて、好き♪

ここんとこ、リアルでもデジタルでも、観ている能が、
神話続きだ。

しかし!
実は、言うほど日本の神話に詳しくない。
なんならハワイイの神話のほうが、よっぽど詳しいよ!(笑)

そんなこんなで、どーしたもんかと思っていたところに、

キタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!!
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4903262294/


オラクルカードって、もともとあんまり興味がないと
自分では思ってたのだけれど、
実は、エンジェル系のカードだと、入っていけなかったんだ!
(もともとヨーロッパ的なものには、あまり食指が動かない)
今頃になって気が付くワタシ。やれやれ。
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。